Sammy Hagar / VOA ヴォイスオフアメリカ

イメージ
ドライブ感あってキャッチーなメロディーで、伸びやかなハイトーンのハードポップ。こんな流れを作った感じのSammy Hagar。まさにVoice of Americaなわけですがそれをアルバムのタイトルにしたのがこれ。モントローズやのちに加入するVan Halenにも繋がるような疾走感と透明感のある音。
 1曲目のI Can't Drive 55はそんな疾走感の名曲。壮大なアメリカンな感じに途中の中国風の音階がひねった感じでカッコ良い。



Accept / Russian Roulette キャッチー

 Metal Heartに続くアルバム。勢いをそのままに垢抜けた感じ。Metal HeartではB級臭さが残っていてそれが良い感じになっていましたが、スッキリキャッチーな感じになりました。そうすると逆に血管切れそうなヴォーカルが不思議な感じになってきます。
 1曲目のT.V Warでは疾走系のイケイケなのですが、以前のような攻撃性というか毒っぽさが抜けてジャーマンメタルの明朗さが残った感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー