Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

ANTHEM / ANTHEM パワーメタル

 ANTHEMのファースト。今聞くと荒削りというかB級っぽい感じが新鮮。楽曲的にはNWOBHMというかIRON MAIDEN的に通じるものがありますがやっぱりジャパメタ。8ビートを基調とした感じで一聴だと単調な感じもしますが、何がこんなジャパメタな感じを醸し出すのか・・・。
キラーチューンは1曲目のWILD ANTHEM。文字どおり代表曲。サビのわかりやすいメロディのハードロック。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー