Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


ANGRA / Rebirth 復活作

 セカンド、サードとうまく別の方向性を消化しながらもやっぱり求めていたのはファーストアルバムのインパクトでしょうか。メンバーも一新してファーストアルバム的な雰囲気で再スタートな4枚目。
 1曲目、2曲目の流れでテンション上がる感じ。2曲目のNOVA ERAはまさにCarry Onに匹敵するような名曲かと。新しいヴォーカルも楽曲とマッチしていてカッコ良いしギターもテクニカルな中に押さえるところは押さえている感じ。間奏部分の転調がANGRAらしい雰囲気を出しています。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー