ANGRA / Fireworks 民族要素減る

イメージ
セカンドでクラシカル要素が減り、今回のサードでは民族要素が減り正統派なメタルというか欧州的なメタルに。
 メタルっぽいという視点では4曲目のMETAL ICARUSでしょうか。疾走系ですがジャーマンメタル+クラシカルな雰囲気でもなく普通のメタルな感じ。イントロのリフがカッコ良い。
 また雰囲気良いのがGENTLE CHANGE。イントロのアコギから始まる優しい感じがよくまとまった聞きどころのある曲。


White Lion / BIG GAME ポップ

 セカンドに続く路線で変わらずに聞きやすい感じのサードアルバム。
 変わらずにトリッキーなギターで。一見当時溢れていたタッピング多用のテクニカルギタリストの一人のようですが、よく聞くとスケールアウトした音使いが個性的で緊張感のあるギターを聞くことができます。
 曲的には1曲目のGoin' Home Tonightでしょうか。リフ、ソロ共に素晴らしい。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー