Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


AC/DC / Ballbreaker 地味目

 前作のThe Razors Edgeの1曲目がキラーチューンすぎたのでそれと比べると地味目な感じもします。これまではどちらかというと機関車のような直線的に突き進む雰囲気の曲が多かったように思いますが、ちょっとしぶ目に変化した気がします。
 BOOGIE  MANは渋いブルーズロックだしHAIL CAESARは古き良きロックンロール。このくらいのキャリアと年齢を重ねないとこの滲み出るしぶさは出ないのでしょうか。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー