Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


TM NETWORK / RAINBOW RAINBOW 今聞くと

 今聞くと恥ずかしくもあり懐かしくもあるTM NETWORKのファーストアルバム。
 改めて聞くとピコピコしたサウンドは少なく、どちらかというと普通のバンドサウンドにボップなヴォーカルな印象。雰囲気感やメロディー・歌詞など今聞くとかなり古臭いというか青臭いというか恥ずかしくなる感じもありますが、それが良いのかも。
 TMらしいデジタルな感じは7曲目の金曜日のライオン。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー