Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

TM NETWORK / humansystem メジャー感

 前作のSelf Controlから一気に垢抜けてますますメジャー感が出てきたアルバム。今聞いても恥ずかしくない感じの雰囲気があります。
 この頃のTM NETWORKって良い曲が揃っていた気がします。Be Togetherは勢いがありますし、トルコ行進曲なhuman systemはサビがTMらしい。Resistanceもドラマチックでカッコ良い。
 上昇気流に乗った時代の勢いのあるアルバム。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー