STRATOVARIUS / ELEMENTS PART2 キラーはないけど

イメージ
前作ELEMENTS Part1に続くPart2。前作はキラーチューンがありましたが今回はキラーはなくスルメ的な曲が多い印象。疾走曲も2曲くらいでしょうか。全体的にこれまでのストラトバリウス的な印象とはちょっと違う感じも。
 印象的なのはギターよりもキーボード。すっかりキーボードバンドな感じも出てきたヨハンソン。

AC/DC / HIGHWAY TO HELL 代表作

 AC/DCの6枚目のアルバム。改めて聞くとヴォーカルのボンスコットとギターのリフが良い感じに絡むというか、独特のうねる感じが個性的。残念ながらこのアルバムで最後となりましたが、最期に巨大な遺作を残した感じです。
 アルバム全体としてはミドルテンポのタメが大きく感じられる曲が多いですが、捨て曲もなく代表作かと。
 言わずもがなHIGHWAY TO HELLなんてわかりやすくて覚えやすくて最高にカッコ良いロックな曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

Suhr RIOT mini レビュー

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足