2016年11月28日月曜日

One Control Purple Plexifier なかなか迷うポイント

手頃なプレキシ風なドライブ

 ネットで見ていてちょっと気になったので買ってみました。One Control Purple Plexifier。
 ハイゲイン系のディストーションではなくアンプのクランチをちょっとブーストするようなオーバードライブが欲しかったので。

 まず最初の印象としては小さい。ギターケースのポケットに入る大きさ。これで電池も内臓というのが素晴らしい。

 つまみ系はヴォリューム、ディストーション、トレブル。そして筐体横にミッドを調整するネジ。

 実際にスタジオで音を出したのですが、なかなかバランスの良い音圧のある感じ。セッティングにもよるかもなのですが、ディストーションの幅が広くクラシックなマーシャル的な感じからブラウンサウンド的な感じまで幅広い感じです。12時くらいだとそれほど歪まない印象ですが、2時くらいから結構歪んできます。ディストーションを12時くらいにしてチョーキングをすると、JCM2000あたりのクランチチャンネルをそれなりのボリュームで鳴らした時のキャビネットが叫ぶ感じが出ます。この辺りが手軽に出るのは良いかと。

 実際に鳴らした感想だと、圧倒的にシングルコイルかなと思いました。ストラトの巻弦のブルブルいう感じがとても気持ちが良い。ハムバッカーだと音のエッジが減り若干ブーミーな印象になりました。
 ゲインの幅が広く、ブルースブレイカーズ的な音からEVH的なブラウンサウンドに近い感じまで出ます。個人的にはブラウンサウンドであればBrownFeatherで良いのでクランチ的な使い方が良いかと思っています。

ポイント

 筐体横にあるミッドを調整するネジ。これがちょっと・・・。ちょっと調整したい時に調整できません。ネジなので調節するにはドライバーが必要。ネジなのでどのくらいまで上がっているかなどがわかりません。最大まで上げて少し戻す、などのような調整方法になるかと思います。
 ギターのミッドは出音に大きく関わってくるので、やはり現場で調整したくなるのですが、特にボードなどに組み込んだ場合、トリムが横にあるのでとても調整しづらいです。他のペダルと並べたりしていると調整するのはボードから外さなければなりません。

 普通に3バンドEQにしてくれればと思うのですが、この小さい筐体も売りだと思うのでつまみが多いのも難しいのでしょうね。
 このペダルは特にミッドの可変域が大きいのでセッティングに迷うポイントでもあり、現場で色々試したいと思うのですが、その点が残念。

 古き良きロックサウンドが好きな方であれば1台持っていて損はないペダル。


0 件のコメント:

コメントを投稿