2016年11月1日火曜日

Black Sabbath / Paranoid 名盤

歴史的名盤

 Black Sabbathのセカンド。これは捨て曲のない名盤。
 全体的に曇った音というか、悪くいえば抜けの悪い音なのですがそれが怪し雰囲気を出して重心の低い音をまとめています。ここにオジーの素っ頓狂なヴォーカルが乗るというのが初期Black Sabbathの醍醐味。全体的にベースがカッコ良い。
 1曲目のWarPigsはオジーのライブでもよくやっている1曲。スローな感じで隙間のあるギター。それを埋めるベースがカッコ良い。一段展開して入るヴォーカルが入るあたりから緊張感が高まる。後半のさらなる展開がカッコ良い。緊張感がぐいぐい高まる。
 2曲目のParanoidはシンプルな名盤。8ビートのカッコ良さが詰まっています。
 3曲目のPlanet Caravanは怪しい雰囲気のスローな曲でPanteraがカバーしていました。
 4曲目はキラーチューン。Iron man。スローな曲で後半の展開が痺れる。



0 件のコメント:

コメントを投稿