JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Black Sabbath / Paranoid 名盤

歴史的名盤

 Black Sabbathのセカンド。これは捨て曲のない名盤。
 全体的に曇った音というか、悪くいえば抜けの悪い音なのですがそれが怪し雰囲気を出して重心の低い音をまとめています。ここにオジーの素っ頓狂なヴォーカルが乗るというのが初期Black Sabbathの醍醐味。全体的にベースがカッコ良い。
 1曲目のWarPigsはオジーのライブでもよくやっている1曲。スローな感じで隙間のあるギター。それを埋めるベースがカッコ良い。一段展開して入るヴォーカルが入るあたりから緊張感が高まる。後半のさらなる展開がカッコ良い。緊張感がぐいぐい高まる。
 2曲目のParanoidはシンプルな名盤。8ビートのカッコ良さが詰まっています。
 3曲目のPlanet Caravanは怪しい雰囲気のスローな曲でPanteraがカバーしていました。
 4曲目はキラーチューン。Iron man。スローな曲で後半の展開が痺れる。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利