The Beatles / Let it Be

イメージ
すっかりロックバンドになったラストアルバム。やはりタイトル曲は素晴らしい。使っているコードの数は少ないですがメロディは耳に残る。ロックバンドのバラードな感じですっと入ってくる。サビのところでFからCにチェンジしてまたCから始まるってのがカッコ良い。


John Mayall and Bluesbreakers with Eric Clapton ブルーズの名盤

 Eric Claptonが短期間在籍していたブルーズバンド。レスポールとマーシャルの組み合わせの教科書的音のアルバム。HideawayやSteppin' Outなどな今聞いても名演感が褪せない曲。
 中でもキラーチューンは1曲目のAll Your Loveでしょうか。カバーですがしっかり自分のギターになっているところがさすがエリッククラプトン。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー