Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Derek And The Dominos/ Layla and Other Assorted Love Songs

 名盤。何と言ってもLaylaがキラーです。高校生の頃に初めて聞いてぶっ飛んだ思い出があります。カッコ良いイントロリフから始まりAメロで転調。サビでイントロのリフ。単純な2構成ですがカッコ良い。
 Layla以外にもKey To The HighwayやBell Bottom Bluesなど渋目のブルーズが並ぶ名盤。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー