Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Pride & Glory / Pride & Glory サザンロック

 Zakk Wyldeのソロプロジェクト。それまでのOzzyでの音と比べると大きく異なりますがこのサザンロック的な雰囲気がルーツでしょうか。ZZ TOPとかその辺りに近い雰囲気もありながら初期のBlack Sabbath的な感じも。少ない楽器の音で単音に近いリフでグイグイくる感じがカッコ良い。
 1曲目のLosin' Your Mindはバンジョーのイントロから始まりその時点でOzzy的な音を想像していた人はびっくりでしょうか。アルバム全体としても派手ではないのですがシンプルな感じで聴き込むとかっこよさが出てくるアルバム。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー