LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


Black Label Society / Sonic Brew 暴れん坊なおっさん

 Pride&Gloryを想像するとまた違う感じがしますが、共通なのは暴力的なおっさんの音。今回はサザンロック的な音は少なくなりとにかくヘヴィーな音。深い歪でダウンチューニングと。
 Ozzyと比べるとシンプルでどちからというとBlack Sabbath的な雰囲気も感じますが野太いギターとヴォーカルが暑苦しいくらいにまとわりつく。そんな中にアコースティックな音だったりペンタトニックな速弾きだったりが入ってアクセントがついている感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利