Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


Black Label Society / Stronger Than Death よりヘヴィーに

 音的にはスローでヘヴィー。ロックの軽快さというよりはブードゥー的な怪しさが入った感じになっています。ギター的にも独特なディストーションサウンド。こういうのを聞くとコーラスペダルが良いなと思ったり。
 1曲目のALL FOR YOUから1曲目らしからぬヘヴィーな曲。またアコースティックな曲やピアノの曲も入っていてダークな中の清涼剤的な感じになっています。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー