Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


VOWWOW / VIBe ゴージャスがサウンド

 88年 5枚目のアルバム。バンドの強さの1つがヴォーカルだと思いますが、なんというか暑苦しい感じのトーンが際立っているアルバム。名曲カバーのHelter Skelterなんかを聞くと特にそう思ってしまいます。系統としてはラウドネスも同じ感じでしょうか。
 そんなにもVOWWOWは日本臭さとかジャパメタ感が全く感じられず完全な洋楽な雰囲気。1曲目のRock Me Nowは良い感じのアメリカンロック。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー