Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Suhr koko Boost 無印とReloadedの違い

目的によって違いが

 Suhr koko Boost。無印とReloadedの両方を使っています。文字通りReloadedの方が製品としては新しいですし、自分としても元々無印を使っていて新たにReloadedを追加しました。

 Reloadedを追加購入した理由はコンパクトにしたかったから。

 ですが、最近両方使っていて無印の方の良さも感じています。


違い

大きさ

 明らかに無印は大きくReloadedは小さい。幅でいうと半分くらい。インプット・アウトプットのジャックの位置も異なりボードに組み込みやすいのはReloadedかなと。

スイッチ

 無印はクリーンブーストとミッドブーストのそれぞれのスイッチがあるので踏み変えることで切り替えができますが、Reloaedはスイッチ1つ。長押しすることでクリーンブーストとミッドブーストを切り替えます。
 これはタイムラグが出ますしちょっと使いづらいポイント。

 Reloadedの方が歪みが強い感じがします。これはこれは好みの問題ですが無印の方がスッキリした音のような気がします。

どちらを選ぶか

 koko boostはソロの時に踏むようにしていますが、曲によってミッドブーストとクリーンブーストを使い分けています。このような使い方の場合、明らかにスイッチが独立している無印の方が使いやすい。
 ミッドブーストしか使わない、もしくはクリーンブーストはEP-Boosterなどの別のブースターを使うなどであれば大きさの小さいReloadedの方が良いかなと。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー