The Beatles / Beatles for Sale 隠れ名盤

イメージ
前作 A Hard Days Nightでは全曲オリジナルだったのが今回はカバー6曲。他のアルバムに比べると地味な感じもありますがこれまでのポップポップした感じからロック的な雰囲気に変化しようとしている名盤。1曲目のNo Replyからロックにありそうな重めで哀愁ある雰囲気。


VOW WOW / BEAT OF METAL MOTION 日本人離れ

 1984年 BからVに代わってのファーストアルバム。
 人見元基のヴォーカルが日本人離れな感じがカッコ良い。1曲目のBreak Downのヘヴィーなギターの後に突然出てくるシャウトが強烈。またキーボードも良い感じに絡み合っています。5曲目のFeel Alrightではギターとオルガンが混じり合ったリフがカッコ良い。
 Bの頃とは全く別物で個人的にはVの方が数段カッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー