Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


VOWWOW / Mountain Top アメリカナイズ

 全体的に欧州風からアメリカ風に作風を変えてアメリカ進出を狙った1枚。前作VIBeの1曲目 Rock Me Nowはアメリカンな感じでしたが、全体的にそのような感じに。
 名曲Mountain Topで幕を開けてラストはI'm Gonna sing The Bluesで締めると。ラストのI'm gonna sing The Bluesはちょっととってつけた感がなくもないですが、これで解散かと思うと寂しい感じがより一層感じてくる曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー