STEELHEART / STEELHEART 名曲あり

イメージ
時代がちょっと遅かった感じのあるメタルバンド。何よりハイトーンのヴォーカルがカッコ良い感じなのですが、1990年でHR/HMが終焉を迎えていた頃。キラーチューンはShe's Gone。曲調としてはよくあるメタルバラード。イントロのギターが気持ちが良い。より楽曲を完璧にしているのが伸びるようなハイトーンのヴォーカル。なんというかオペラのような発声でこれが気持ちが良い。

FIGHT / Small Deadly Space グランジ?

 FIGHTのセカンド。ファーストはキレがあるモダンヘヴィネス的なメタルでしたが今回はグランジ的な雰囲気を感じます。グランジ特有の閉塞感というかだるさが出ている感じ。Halfordのセカンドにも近い感じもします。
 中でもIN A WORLD OF MY OWN MAKING / PSYCHO SUICIDEはくらいピアノをバックに歌い上げる感じがJudasにはない境地。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

Suhr RIOT mini レビュー