Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Lenny Kravitz / Are You Gonna Go My Way よりZep的

 レニクラのサード。よりZep的というかストレートに心に響くロックな感じ。セカンドの勢いからさらにパワーがある感じだし、何より圧倒的キラーチューンの存在。
 キラーはタイトル曲。イントロの単音リフが有名すぎ。AのペンタトニックスケールとEだけの単純なリフですがカッコ良い。ジミヘン的なイントロリフからAメロ、このAメロのつなぎの部分がZepっぽい感じ。この辺りの複数の要素をまとめてレニクラ的とでも酔いましょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー