The Beatles / Let it Be

イメージ
すっかりロックバンドになったラストアルバム。やはりタイトル曲は素晴らしい。使っているコードの数は少ないですがメロディは耳に残る。ロックバンドのバラードな感じですっと入ってくる。サビのところでFからCにチェンジしてまたCから始まるってのがカッコ良い。


DigiTech Drop レビュー

簡単にダウンチューニングしたい

普段はハイブリッドスリンキーでレギュラーチューニング、もしくは半音下げ。ごく稀に一音下げにしたりもしますが、一音下げにすると弦のゲージを変えないと音のハリがなくなると。しかしながらロックナットのギターならまだしも通常のナットだと太い弦に対応するために溝も変えたりしないと。
 嫌なことこの上ないのですが、ライブで全曲1音下げであればまあ仕方がない。


 が、今回都合により1音下げと半音下げの混在のライブ。

 ということで買ってみた。

音出ししてみた

仲間内の評判ではなかなか評判高い。しかしながらネットのレビューだと賛否が半々くらいか。冒険的な感じもありましたが思い切って購入。

 確かに冷静に聴くと・・・

 若干のレーテンシーがある・・・が、弾いていれば気にならなく程度。
 
 若干音がこもる・・・が、スタジオやライブなどで大音量であればそれほどでも。

総合的には

コンパクトだし手軽にダウンチューニングができるのは良い。ライブ中にチューニングが複数ある時などは便利。もちろんそれぞれにチューニングしたギターを複数持って湯いうのも良いですが、ギター個体によっても音が違うのでそれぞれアンプを調整したくなったりする。そう考えるとこのコンパクト1台で何かと対応できるのは便利。一家に1台的にあると何かと。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー