King Crimson / Lizard 怪しさ全開

イメージ
King Crimsonのサードアルバム。ファースト、セカンドと比較してとにかく怪しい・・・映画のBGM的な雰囲気があります。ロック的にかっちりした曲というよりはJazz的なアドリブにて回している感じでホーンが怪しさを強調。
 1曲目のCirkusからホーンの存在感が強い。King Crimsonの1曲目らしく押し出し感の強い曲。2曲目も1曲目に続き怪しい雰囲気の曲などをつなぎつつ、4曲目のLady in The Dancing Waterの落ち着いた歌ものを挟みつつ、最後の大曲 Lizardではメジャーキーの意外な始まり。

NEEWER NW-07チューナー その後

NEEWER NW-07チューナーその後

 サブボード用にチューナーを買って1年弱。メインでないにしてもスタジオやらライブやらで使っていました。
 チューニング時に少し音が漏れるとかちょっと使いにくい感じもありながらも・・・サブボードなのでと思い使っていました。

 が、なんとなく思っていたのが音質的には大丈夫なのか・・・ということ。
 と、いうのもNW-07を接続していると何と無くこもった感じというか抜けが悪い感じがするような気がしていましたが、サブボードなので繋いでいるペダルもギターも違う。当然アンプのセッティングややっている曲も違う。ということで気がつかないふりをして使い続けていました。

思い立って外した

 ちょっと思い立ってNW-07だけ外してみました。
 ペダルやギター、セッティングはそのままに。

 音出ししてみたところ・・・・明らかに音がパリッとした感じに変わり音量が大きくなる(気がする)。
(今回外されたNW-07)

 もしやと思いメインボードのPOLYTUNEを代わりに接続してみてもこちらの方は音は音は変わらない。

 NW-07が音質劣化なのが確定しましたので残念ながらこのチューナーは現役を退くこととなりました。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー