The Beatles / Let it Be

イメージ
すっかりロックバンドになったラストアルバム。やはりタイトル曲は素晴らしい。使っているコードの数は少ないですがメロディは耳に残る。ロックバンドのバラードな感じですっと入ってくる。サビのところでFからCにチェンジしてまたCから始まるってのがカッコ良い。


Bonham / Mad Hatter 散漫な感じも

 それなりに売れたらしいファーストと比べるとあまり売れなかったらしく2枚目で解散と。確かにLed Zeppelinは民族的な音を入れていたり実験的な音楽をアルバムに入れていたりもありましたが、それを狙った感じ。
 3曲目のChange of a SeasonはHR的なバラード。Led Zeppelin的ではありませんがエモーショナルなヴォーカルが聞ける良い曲。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー