Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


ANVIL / JUGGERNAUT OF JUSTICE 正念場?

 前作の映画の高評価の結果、色々と良い方向に動いた感じのアルバム。前作と比べると音も良いというか今風の普通の音になっています。ただ全体の雰囲気は依然としてANVILらしい良い意味での田舎臭さがあって。
 曲的には1曲目のタイトル曲 JUGGERNAUT OF JUSTICEを筆頭に疾走系の曲が多い印象で全体的にスピード感を感じるアルバム。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー