RED HOT CHILI PEPPERS / I'M WITH YOU 昔のよう

イメージ
前作までアルバムの雰囲気をリードしていたギターのジョンフルシャンテが脱退。ギター独特のコード感あるフレージングがポップな感じになっていたのですが、ギター交代により相対的にベースが前に出る感じに。最初期の音のようになりました。
 とは言いながらもサビの歌メロはポップだしスタジアムバンドとしての風格のようなものも残っています。

ANVIL / JUGGERNAUT OF JUSTICE 正念場?

 前作の映画の高評価の結果、色々と良い方向に動いた感じのアルバム。前作と比べると音も良いというか今風の普通の音になっています。ただ全体の雰囲気は依然としてANVILらしい良い意味での田舎臭さがあって。
 曲的には1曲目のタイトル曲 JUGGERNAUT OF JUSTICEを筆頭に疾走系の曲が多い印象で全体的にスピード感を感じるアルバム。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー