STRATOVARIUS / ELEMENTS PART2 キラーはないけど

イメージ
前作ELEMENTS Part1に続くPart2。前作はキラーチューンがありましたが今回はキラーはなくスルメ的な曲が多い印象。疾走曲も2曲くらいでしょうか。全体的にこれまでのストラトバリウス的な印象とはちょっと違う感じも。
 印象的なのはギターよりもキーボード。すっかりキーボードバンドな感じも出てきたヨハンソン。

Bad English / Backlash 良質なアメリカンロック

 JourneyとThe Babysの良いとこどりのバンドのセカンド。良質のアメリカンロック。この時代のAOR的な音というかスタジアム的な広がりのある音でパワーバラードなどが気持ち良い。4曲目のThe Time Alone with Youあたりはまさにこの路線。静かに始まって徐々に盛り上がりサビではメロディアスな歌い上げ、と普通の構成なのですがそれが良い。
 全体的に残念なのはニールショーンの出番が少ないこと。作曲も少なくJourney色がちょっと薄い感じでソロもコンパクト。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

Suhr RIOT mini レビュー

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足