LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


Friedman BE-OD 内部トリムの調整

 Friedman BE-ODですが基本的にハイゲイン。ちょっと歪みすぎなわけですが裏フタを開けるとトリムがあってそこでゲイン量を調節できるらしい。

(フタを開けるのが面倒)

 基本的に歪みは少なくて良い。ただFriedmanの噛みつくようなアタックは欲しい。ということで内部トリムは最小に。

 内部トリムを最小にすると、歪み量の変化というよりは音全体が少しマイルドになる気がします。LOUDNESS的にアタック感強め、ハイ強めな感じでゆくのであれば内部トリム最小はなしなのですが、そうでなければこのくらいが良いかなと。
 特にマーシャル系のアンプで音出しする場合、そうでなくてもハイが強いのでこのくらいマイルドな方が出音が良い音。





コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利